〜敏感肌化粧品を特集〜

敏感肌と紫外線

たとえわずかな刺激に対しても、様々な症状を引き起こすのが悩みの敏感肌ですが、紫外線に対してもそれは同じことです。

紫外線といえば、肌のメラニンを着色させて、肌のシミやくすみなどの原因になる要素として知られています。そのため、お肌の美容の大敵とされている紫外線ですが、敏感肌にも悪影響があります。

紫外線と敏感肌といわれても、あまりイメージが結びつかないかもしれません。それはおそらく紫外線がシミやくすみの元となること以外、世間ではあまり知られていないからかと思われます。

紫外線の肌への影響は、シミやくすみの原因となるだけでなく、肌の健康を損ねる危険性もあります。

というのも、紫外線は肌のヒアルロン酸やコラーゲンなどの、保湿成分や構成成分を損傷させてしまう働きがあるからです。また、肌の保湿の役割を持つ皮脂のセラミドの量を減少させてしまいます。



そういった影響により、紫外線を受けた肌の健康は損ねられてしまい、保湿機能も失われて乾燥肌も引き起こしてしまいかねません。紫外線の影響は、肌の弱っている敏感肌にとっては顕著なものであり、もともと抵抗力の弱い肌を、一層弱めてしまうことになりかねません。

そのため、普段からのUVケアを徹底して行うようにする必要があります。夏場は特に紫外線が強くなるため、当然ケアはしっかりと行いましょう。

冬場においても、日差しの強い日は紫外線が肌によく届くので、ケアを行うようにしましょう。冬場のUVケアは軽視されがちですが、健康な肌にも影響があるものなので舐めてかかってはいけません。

敏感肌にとっては、UVケア用品が肌に合わず、肌荒れの原因となることがあります。そのため、敏感肌用のスキンケア商品を選ぶ必要があるといえます。

UVケア以外では、光毒性のある化粧品などのコスメティック用品を使用するときは、なるべく日に当たらないようにしましょう。

紫外線の影響は一般に思われるよりも大きいものですから、事前の対策はしっかりと行うようにしたいところです。

Copyright(c) 2011 うるおい肌をつくる敏感肌用化粧品(コスメ) | 敏感肌で悩んでいる人へ www.bincanhada.jp/