〜敏感肌化粧品を特集〜

敏感肌の手入れ

敏感肌にならないためには、日頃のお肌のお手入れ方法が重要となります。 ポイントは「清潔」と「保湿」、「生活習慣」にあります。

人は寝ている間も汗をかきます。 汗に含まれている尿素や塩分は肌に刺激を与え、かゆみや炎症の原因にもなりますので汗をかいたと感じたらお風呂やシャワーで綺麗に洗い流し、常に清潔でいるように心がけます。 毎日使うシャンプーやリンス、ボディソープも肌に刺激を与えない 無添加のもの、化学成分が含まれてないものを選ぶようにし肌に刺激を与えないようにしましょう。

洗う時も肌を傷めないように擦らず、優しくマッサージをするように洗います。 また、あまり熱すぎるお湯ですと肌の水分が蒸発してしまい、乾燥してしまいますのでお湯はぬるめがベストです。

お風呂やシャワーの後は、すぐに無添加、無香料と敏感肌用の保湿剤を塗りましょう。含まれている成分も海のブレアWモイスチャーのようにセラミドやヒアルロン酸配合のものを選ぶとより効果的です。

お風呂上がりの肌は乾燥しやすくバリア機能が低下し外部からの刺激が入りやすくなります。 身体の内側からのお手入れも大切で栄養の偏りや睡眠不足、ストレスなどによっても敏感肌が起こる原因になります。

食生活も意識してなるべく皮膚の炎症を抑えてくれるカルシウムや、新陳代謝に必要なミネラル、皮膚の粘膜を強くするビタミンAや老廃物の増加を抑えるビタミンE、乾燥を防ぐβカロテンや抗酸化作用のあるビタミンCなど多く取るようにしましょう。


また人は寝ている間に、肌の新陳代謝がスムーズに働いているので寝不足になると、その働きが上手くできません。 お肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時〜2時の間は寝るように心がけます。

またストレスもホルモンのバランスを崩し、自律神経の乱れの原因となり肌に悪影響になるのでなるべくストレスを溜めないようにします。自分なりのストレス解消法を見出して下さい。日頃から心がけることで敏感肌を改善することが出来ます。

Copyright(c) 2011 うるおい肌をつくる敏感肌用化粧品(コスメ) | 敏感肌で悩んでいる人へ www.bincanhada.jp/