〜敏感肌化粧品を特集〜

敏感肌とストレス

ストレスというものは、昨今、健康への影響が問題視されてきている要素の一つですが、敏感肌においてもそれは同様であるといえます。

実際にストレス性の敏感肌も少なからずあり、ストレスはお肌の健康の大敵といっていいでしょう。ストレス社会と呼ばれる現代の日本では、このストレスをどう対処するかが課題になってきています。

ですが、何故ストレスがたまるとお肌に悪影響があるのでしょうか。最も問題視されているのは、ストレスによるホルモン異常についてです。過剰な、または一定のストレスによってホルモンバランスが崩れると、自律神経や代謝に影響が出てきます。

自律神経の不調は、肌のみならず肌の健康に関与する血流にも悪影響を与え、肌に栄養や水分、酸素などが補給されずらくなり、肌の健康が悪化します。そういった流れによって代謝が下がると、肌のターンオーバーがうまく行われなくなり、不健康なままに肌を、自己改善することができなくなってしまいます。

これらの原因が重なり合うことによって、ストレス性の敏感肌は引き起こされるものが多いです。

また、敏感肌だけでなくニキビや吹き出物、湿疹やくすみなどもストレスによって引き起こされがちですから、やはりストレスはお肌によくないものといえるでしょう。一度このようなトラブルが起きてしまうと、それ自体をストレスと感じてしまうので、乾燥肌に効果のある化粧品を使い早めに改善しましょう。

このように改善のためにも、予防のためにも、現在のストレスをうまく処理していくことが必要です。ストレスが適正な量だけであれば、自律神経への影響もなく、正常なホルモン分泌を続けることができます。

ストレスの解消方法は特に決まってはいません。アロマオイルだとか、マッサージが効果的とも言われますが、実際のところ人それぞれです。

自分にとって、くつろげたり、発散できるようなことを探していきましょう。ですが、場合によってはストレス解消の行動自体がストレスになることもあります。


あまりストレスに関心を持ちすぎるのも、ストレスを溜める原因になってしまったりもします。ストレスと付き合うのは難しいですが、あまり気負わずに付き合っていきましょう。

Copyright(c) 2011 うるおい肌をつくる敏感肌用化粧品(コスメ) | 敏感肌で悩んでいる人へ www.bincanhada.jp/