〜敏感肌化粧品を特集〜

敏感肌の洗顔方法

敏感肌の方は、普通肌の人よりもちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしやすい弱い肌なので、洗顔方法にも気を使わなければなりません。 ここでは敏感肌に合った洗顔方法をご紹介します。

まず洗顔料は、泡切れのよいものや、刺激の弱いものを選びましょう。

スクラブ入りだと毛穴の汚れは落としてくれますが、同時に角質層にもダメージを与えるので避けた方がいいです。 刺激物質となる「合成界面活性剤」が含まれていない天然成分配合の洗顔料が敏感肌にはお勧めです。

洗い方も温度が高いと肌の水分が蒸発し、乾燥してしまいますので水、または水に近いぬるめのお湯にします。 洗顔前に髪の毛が顔につかないように、ピンやゴムなどで髪の毛はまとめておきます。

洗顔料をよく泡立て手が直接肌に触れないように、泡で優しく顔を洗います。皮膚が薄く乾燥しやすい目の周りや口のまわりは、特に優しくなでるようにします。

水やぬるま湯ですすぎ残しがないように、綺麗に丁寧に洗い流し、肌触りが良い清潔なタオルで水分を吸い取るように優しく肌を押さえふきとります。

タオルでふく時もゴシゴシと刺激を与えてしまうと、肌にダメージを与えてしまい悪影響です。 また必要以上に洗顔をしないようにします。敏感肌は清潔にすることも大切ですが、洗顔のやり過ぎは肌に必要な皮脂や水分まで逃がしてしまい、余計に敏感肌を悪化させる事になります。

朝、夜と一日2回程度、夏など大量に汗をかくときは、一日3回までと決めましょう。 長く洗顔料が肌についているとそれだけでも肌に刺激を与えますので、肌あれがひどい場合は、洗顔の時間はいつもより短くしましょう。

敏感肌の方が洗顔するときに気をつけるポイントは
「洗顔料」「水の温度」「こすり過ぎない事」「洗顔の時間」「顔を拭くときのタオル」です。

また洗顔が終わったらすぐに、水分が逃げて乾燥しないように化粧水をつけて保湿するようにします。

Copyright(c) 2011 うるおい肌をつくる敏感肌用化粧品(コスメ) | 敏感肌で悩んでいる人へ www.bincanhada.jp/