〜敏感肌化粧品を特集〜

低刺激洗顔石鹸とは

敏感肌は、わずかな刺激に対しても炎症や湿疹を起こしてしまうため、洗顔料などの製品には注意が必要です。

洗顔料などには、汚れを落とすための合成界面活性剤などの化学成分が含まれています。それらの化学成分は、敏感肌にとっては天敵ともいえるもので、なるべく避けるようにしなければなりません。

最近では、低刺激の洗料が発売され、敏感肌の方のみならず、多くの層からの注目を集めています。そのような製品のジャンルの一つに、低刺激洗顔石鹸があります。

顔の皮膚は弱く、刺激に抵抗力がないことから、洗顔石鹸にも当然ながら低刺激という需要が生まれ、低刺激洗顔石鹸として販売されだしました。

そういった洗顔石鹸は、合成界面活性剤などの化学製品や、添加物、化学香料などを含まないものが多いです。

低刺激洗顔石鹸の洗浄成分は、製品によってまちまちです。

クレイなどの鉱物系洗浄成分を利用したり、海藻類や自然植物の洗浄成分を利用したVCOマイルドソープのココラルム、中にはアミノ酸の特殊な洗浄機能を利用したものなどの種類があります。


また、油分は石油などではなく、馬油などの動物油脂や、植物油脂を使用しているものが多く、肌への負担を下げる配慮が為されています。香料などは植物香料などを使用し、化学香料の代用とするものが多いです。

また、低刺激石鹸は肌の保湿機能や防護機能を補助する効果があるものもあり、そういったものは肌質の改善にわずかながら効果があります。

低刺激洗顔石鹸のデメリットとしては、製品の使用期限が短めなことがあります。化学添加物などの保存料は使用できないので、自然原料の保存料を使用しますが、どうしても使用期限は短くなりがちです。


また、通常の洗顔石鹸と変わらない洗浄力を感じる人が多いですが、人によっては洗浄作用が弱く感じたり、べたつきを感じるなど、個人の間での使用感の差があるようです。

ですが洗浄効果が薄いといって、強くこすったりすると肌の負担が増え、せっかくの低刺激が台無しになるので注意しましょう。

Copyright(c) 2011 うるおい肌をつくる敏感肌用化粧品(コスメ) | 敏感肌で悩んでいる人へ www.bincanhada.jp/