〜敏感肌化粧品を特集〜

敏感肌と睡眠不足

肌の健康にとって、睡眠はとても重要な要素となってきます。睡眠時間の減少、不足は、お肌の健康の大敵といわれています。

たとえ敏感肌に効果的な化粧水を使用したり、日々の生活に気を使っていても、睡眠時間の不足だけですべて無意味なものになってしまいかねません。では、なぜ睡眠不足によって敏感肌などの肌トラブルが起こるのでしょうか。

理由は主に二つあります。一つは睡眠が肌の回復にかかわってくるからです。日中の体は行動の度にエネルギーを消費し、体の各箇所に負担がかかります。それらの負担による損傷を回復させ、正常な状態を維持するのに必要な時間が睡眠時間なのです。

ですので、睡眠時間が少ないと肌を含める体の各箇所を回復させることができず、完全に回復しない状態で再び負担をかけることになります。


そういった日々が続くと、だんだん肌の健康が損なわれていき、いつの間にか敏感肌の肌トラブルに巻き込まれていた、などといったことになってしまいます。



もう一つの理由は、ホルモン異常についてです。睡眠が不足するなどの不規則、不適切な制圧を続けると、自律神経の働きが低下してしまい、ホルモン分泌に異常をきたします。

ホルモン分泌に異常があると、新陣代謝も低下してしまい、肌のターンオーバーや肌の健康の回復、肌の状態の維持などがうまく行われなくなってしまい、肌環境の悪化を招いてしまいます。

肌環境が悪化した肌は、抵抗力が弱く、過剰に刺激に反応してしまうため、敏感肌の症状を催すようになってしまいます。

睡眠とは、一見何もしていない状態であるように見えますが、体の中では重要な活動が活発に行われている時間ですので、やはり不足するといったことは無いようにしたいものです。

最低限の睡眠時間は、少なくとも6時間はあってほしいものです。6時間とは、布団に入ってから出るまでの時間ではなく、眠っている時間を指します。

ですので、布団に入ってから眠り、起きて出るまでの時間を含めて、大体7時間くらいの時間を睡眠に割くようにしましょう。

Copyright(c) 2011 うるおい肌をつくる敏感肌用化粧品(コスメ) | 敏感肌で悩んでいる人へ www.bincanhada.jp/