〜敏感肌化粧品を特集〜

子供の敏感肌とは

敏感肌は大人だけが発症し、悩んでいるものではありません。敏感肌は子供にも発症することがあり、発症した子供は多くのストレスを受けることになってしまいます。

一般的に子供の肌は、肌にとって必要な成分がそろっており、肌機能が正常であることがほとんどですが、なかには肌機能がうまく働かなかったり、肌の抵抗力が弱いことによって、子供でも敏感肌になってしまうことがあります。

また、アレルギー性の皮膚炎だったり、アトピー性皮膚炎の場合もあるので注意が必要です。

子供は肌の痒みを我慢せずに掻いてしまうので、敏感肌の症状が悪化しやすいといった傾向にあります。そのため、子供に掻くことを我慢するように教えると同時に、スキンケアをしてあげましょう。

子供の肌のスキンケア用品は、大人用を使用することもありますが、できるだけ子供用スキンケア用品を使用するようにしてあげてください。

日中に乾燥する部分があればクリームなどで保湿してあげるようにし、お風呂上りにはローションや乳液、クリームでケアしてあげましょう。


また、アレルギー、アトピー性皮膚炎の場合は、市販のスキンケア用品に拒絶反応を示すことがあるので、医師に処方されたスキンケア用品を使用するようにしましょう。


スキンケア以外にも、乾燥した空気にならないように適度に加湿することや、体や頭を洗うときには優しく洗ってあげるようにします。

子供の中でも赤ちゃんのような時期は言うことを聞いてくれず、体を掻くことをやめてくれません。そういったときは、赤ちゃん用ミトン・手袋などを手につけてあげて、体を掻けないようにしましょう。

子供は自分では敏感肌に対処できないので、大人が対処してあげるしかありません。大人の対処によって、今後の症状も変わってくるので、子供の敏感肌ケアはしっかりと行いましょう。

敏感肌は長い付き合いになることが多いので、肌質を改善すると同時に、子供と一緒にうまく敏感肌と付き合っていく方法を模索していきましょう。

Copyright(c) 2011 うるおい肌をつくる敏感肌用化粧品(コスメ) | 敏感肌で悩んでいる人へ www.bincanhada.jp/