〜敏感肌化粧品を特集〜

敏感肌の原因

敏感肌の主な原因はさまざまです。

遺伝によって敏感肌になることがありますが、両親のどちらかがアトピーやアレルギー体質だと、子供にも遺伝する場合があります。先天的な敏感肌といえます。


また、ストレスなどでホルモンのバランスが崩れることにより肌が敏感になることがあります。女性の場合生理前になるとホルモンバランスがくずれ、むくみやイライラの原因になり肌の新陳代謝が悪くなります。肌が弱る時期ともいえます。

同じくホルモンバランスの問題として睡眠不足による敏感肌もあります。人は寝ている間にお肌の新陳代謝がスムーズに働き、新しい肌を作っているので睡眠不足になると、その働きがうまくいきません。

歳を重ねると敏感肌になりやすいです。角質層にある保湿成分、セラミドや水分は年齢とともに減少していきます。そうなると自然と敏感肌になりやすくなるのです。

食事にも気をつけなければいけません。偏った食生活が続いて、お肌に必要な栄養素が足りなくなると、バリア機能が正常に働かなくなり敏感肌になり、肌トラブルの原因になります。

外出した際は季節の変わり目や温度の変化に気をつけなければなりません。肌の水分は空気の湿度が30%以下になると蒸発しやすく、同時に肌は紫外線に当たると、乾燥し角質層に悪い影響を与え、敏感肌になりやすくなります。

化粧品に関しても、肌に合わない化粧品を使うと肌が炎症を起こして弱くなり敏感肌の原因になります。肌に合わない洗顔料や、間違ったやり方で洗顔すると角質細胞がめくれて肌に刺激を受けやすくなり敏感肌の原因になります。

これらの原因はどれも並行して起こりうることなので、いくつかの原因が組み合わさると症状が悪化しやすくなってしまいます。

敏感肌の治療をする時はこれらすべての改善、対策を並行して行う事で治癒が早くなります。

Copyright(c) 2011 うるおい肌をつくる敏感肌用化粧品(コスメ) | 敏感肌で悩んでいる人へ www.bincanhada.jp/