〜敏感肌化粧品を特集〜

敏感肌の症状

敏感肌とは、肌の抵抗力が低下し、外部の刺激に弱くなることによって肌荒れや湿疹、痒みや痛みを感じるようになるものです。これくらいならば敏感肌でない人も知っていることでしょう。


ですが、これらの症状は意外と危険な物で、油断ならないものです。さらに、あまり認知されていない症状などもあります。ここでは敏感肌の症状について紹介します。

敏感肌とは、前述の通り外部からの刺激に弱くなるものですが、その原因はセラミドなどの保護機能を持った皮脂などの減少が原因とされています。セラミドは、肌の保湿にも効果があるため、敏感肌は乾燥肌も併発してしまいます。減少したセラミドを改善するには、ディセンシアなどの化粧品を探してみるのもいいかもしれません。

肌が乾燥すると、痒みなども発生してしまいます。乾燥した敏感肌は傷の治りなどがあまり早くなく、痒みで掻いた後に化膿してしまったり、肌荒れが治らなかったりします。

敏感肌の肌荒れが長期にわたるのは、この特徴があるためです。また、肌の再生機能が遅いということは、ターンオーバーも遅いので、シミやくすみなどができやすく、肌の角質層の更新も遅くなります。


敏感肌はとにかく外部からの刺激に弱くなります。ボディーソープや洗顔料、コスメティック用品などに対して拒否反応を示したり、服が擦れるだけでも肌荒れを起こすこともあります。

症状が重い方では、強い日差しに浴びただけで肌に痛みを感じることもあります。また、敏感肌は炎症を起こしやすいうえ、ニキビや吹き出物などができやすく、肌荒れを助長します。

敏感肌の方の中でも、アトピー性皮膚炎を併発している方などでは、これらの症状が重くなりやすい傾向にあり、医師に頼る必要もでてきます。

様々な刺激がアレルゲン物質になることもあるため、メイク用品や洗顔料、ボディーソープなどはもとより、市販のスキンケア用品なども選択の幅が狭くなってしまいます。


敏感肌は、治療の遅れが症状の悪化を招くことになるので、やはり早目の対処が重要になってくると言えます。

Copyright(c) 2011 うるおい肌をつくる敏感肌用化粧品(コスメ) | 敏感肌で悩んでいる人へ www.bincanhada.jp/