〜敏感肌化粧品を特集〜

敏感肌とアトピー

敏感肌とアトピー性皮膚炎の両者には、いったいどういった関係があるのでしょうか。よく「敏感肌はアトピーが原因である」「敏感肌とアトピーは併発する」とか、「敏感肌とアトピーは関係ない」などといった情報があり、いったいどれが本当なのかと悩んでしまいます。

結論から言ってしまうと、「敏感肌とアトピーが関係あるかどうかは人それぞれ」です。

アトピー持ちでない敏感肌の方の場合、単に皮膚のセラミドなどの保湿成分や保護成分が不足し、肌が弱っています。そのため乾燥に弱かったり、弱い刺激に対しても抵抗力がなく、肌荒れやかゆみ、炎症を起こしてしまうのです。一般的な敏感肌はこのタイプになります。

次にアトピー性皮膚炎についてです。アトピーとは、体内にアレルゲン物質が混入した時に抗原抗体反応が過剰に働き発症した症状のことを指します。そういった症状が皮膚に出た時の症状をアトピー性皮膚炎と呼び、湿疹や炎症を起こします。


アトピー性皮膚炎でも、外部の刺激は特に問題ない方もいますので、アトピー性皮膚炎=敏感肌とは限らないといえます。

最後に、敏感肌とアトピー性皮膚炎を併発した場合についてです。このタイプは、肌の抵抗力が弱っている敏感肌に加えて、アレルギー反応を起こしやすい体質が加わったもので、こういった場合は、敏感肌と呼んでも差し支えありません。

敏感肌とアトピーの両方を持っている場合、外部の刺激やアレルギー反応の両方が、湿疹や炎症の元となってしまいます。そのため、ただの敏感肌や、ただのアトピー性皮膚炎よりも重症化しやすい傾向にあります。

敏感肌とアトピーの関係は、主に上記の3パターンに分けられます。どのタイプの皮膚炎であっても、早急な対処や、続けて対処することが重要なのは変わりません。

特にアトピー性皮膚炎や、それに加えて敏感肌の症状を発症している場合は、市販のスキンケアが使用できないこともあるので、皮膚科などを受診することをお勧めします。

Copyright(c) 2011 うるおい肌をつくる敏感肌用化粧品(コスメ) | 敏感肌で悩んでいる人へ www.bincanhada.jp/